暮らしに活かす数秘術

数秘術を使って、毎日をラクにする方法やヒントをお届けします。

【数秘術の基本】誕生数と運命数って何?違いを説明します

f:id:megumakou2014:20191205104153j:plain
現代数秘術では、生年月日から計算する誕生数と、お名前から計算する運命数をメインに使います。※流派によって名前や解釈が異なります。

どちらも、その人の根っこや生き方が現れる数字です。今日はこちらの2つの数字について説明します。

誕生数(ライフパス)とは?

誕生数(ライフパスとも言います)は、生来の性格や資質を表します誕生数が表す状態が、その人の根っこにある生き方(在り方)です。

例えば、「1」の人は、リーダーシップをとり、自立するのが「1」らしい生き方になります。自分の意見を抑えたり、決断を避けていると、本来の自分らしくないため違和感を覚えてきます。

自分の本心にそって「誰かに頼らず自分で決断する」「グループのリーダーを引き受ける」といった行動をすることで、イキイキするでしょう。

また、「6」の人は、人のために尽くすことや、教えることが喜びです。誰にも言われなくても、自然と人を助ける行動が身に付いており、自然な生き方です。誰かの面倒を見たり役に立っていないと感じると元気がなくなります。

本来の自分が活かせる、教師や介護など、人にありがとうと言われる仕事をすることで、心が潤い満足し、質の高い仕事ができるでしょう。

人生に疲れた時や困った時に、誕生数が表す状態に戻ることで、力を取り戻すことができます

また、誕生数がわかれば、その人に向いている活動、元々の才能がわかります。教わらなくても上手にできること、自然と体が動いてしまうことなど、それは誕生数の恩恵です。誕生数が分かれば、才能や特技が分かり、その結果才能を活かせる適職、得意な仕事の方向性が見えるでしょう。

f:id:megumakou2014:20191205104014j:plain

運命数(ディスティニーナンバー)とは? 

運命数は、生まれた時の名前で計算します。生まれた時に、親や周りの人から授かった願いや使命がここに表されます。

なので、運命数は「人生の使命、社会との関わり」を表します。この数字は、生年月日の表す誕生数に比べて遅れて現れる傾向があります。子供の頃は発揮されにくい数字ですが、大人になる過程で、仕事や色々な活動を通じ、運命数の表す方向に発展するでしょう。

運命数の特徴は、困難を乗り越えて、やっと手に入れることも少なくありません。

特に「11・22・33」という人を助ける使命を持った方々は、苦難を乗り越えた先にこの数字が発揮されると言われているので、険しい道を進むことも多いのです。

しかし、運命数が表す「生まれて来た使命、社会の役割」を果たそうとした時、あなたの人生は大きく加速していきます

運命数は、この世に生まれた使命。使命を果たすためにこの世に現れたのですから、できるだけ役割を果たすことが充実感につながるでしょう。運命数は、満足した人生を送る手がかりになるのです

f:id:megumakou2014:20191205104248j:plain

2つの数字で迷ったら、今やっている事を突き詰めよう

誕生数と運命数の2つの数字が同じだったり、近い性質であれば自分の方向性を見つけやすいです。しかし、2つが反する場合は、道に迷う場合もあります。

例えば、パソコンの作業が好きだけれど、一カ所にじっとしているのが苦手だとか、教えることが好きだけど、人と話すのは得意ではないなど。才能や生まれ持ったセンスと、この世の役割がずれている場合もあります。

しかし、能力を高めていくうちに自然と合流する場所が見えてきます

例えば先ほどの「パソコンの作業が好きだけれど、一カ所にいられない人」は、仕事する場所いくつか持ち、移動しながら仕事をするノマドワークをする事も可能です。また、お店や観光地の取材をして、ネットを通じて紹介するなど考えられます。自分の能力が高くなるとできるも増え、専門性が増すと価値が高まるので、経済的にも潤うことでしょう。

迷いながらも、目の前の役割を一生懸命こなすことで、道が見えてきます。自分らしい社会貢献の形が次第に分かってきます。

また、最近は副業が注目されていますが、2つ以上の仕事を持ち、それぞれ「得意な事」「本当にやりたい事」で満たすことも可能です。また趣味やライフワークを使い分け、それぞれに満たす方法もあります。

まとめ

・誕生数は、才能や根本的な生き方(在り方)

・運命数は、使命や、社会との関わり方

・二つの数字の性質が違う場合、続けていると重なる

誕生数が表す”才能”を活かして、運命数の表す”使命”へ向かって行くと考えるとわかりやすいと思います。

 

私の場合(誕生数6・運命数11)

私は、誕生数「6」運命数「11」です。

「6」は奉仕、愛情、献身的、調和という意味。私は人の世話をするのが好きで、教えたり面倒をみたり、気づくと何かしています^^。また周りの調和が取れていないと気になるので、自分が入ることでバランスを取ろうとすることも。

また「11」は、人に光を与える、啓蒙する、スピリチュアルと言う意味です。私はブログを通じて、役立つ情報を出したいとずっと考えています。偉そうですが、ブログを通じて読者様の人生を変えたいのです。またスピリチュアルには自然と興味を持ち実践しています。スピリチュアルは人生を変える力があるため、必要な人に伝えて行きたいです。

両方の数字が、私をよく表現していると思います。

では今日はここまで。続きは別に記事へどうぞ。

 

■誕生数&運命数を知りたい方はこちら

【自分の数字は?】誕生数・運命数・ソウルナンバーとは?自動計算ツールで調べよう 

 

■2020年の運勢はこちら

【2020年の運勢】数秘術で占う2020年の運勢 ひとことアドバイス付き